アンカー工事 あと施工アンカー ダイヤモンドコア 耐震補強工事 非破壊検査 改修工事 注入工事 斫り工事 引張試験 レントゲン探査 

qrcode.png
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

金属系アンカー

 

金属系アンカーとは

金属系アンカーとは
 
金属系アンカーとは
定 義
「金属拡張アンカー」とは、金属系アンカーのうち、固着部に拡張機能を有し、予め穿孔された孔の中で、アンカーを打込みまたは締め付けることによって拡張部が開き、母材に物理的に固着するアンカーをいう。

固着原理
金属拡張アンカーの固着は、アンカーの一部を打撃あるいは回転・締め付けて拡張部を開かせ、「くさび状態」とすることで得られる。
アンカーの固着力(引張力)は、母材孔壁から拡張部が受ける支圧力および摩擦力で決まる。固着力の強さは、これらの力のうち支圧力によって決まる。拡張部をくさび状態に開かせる方法としては、ハンマーなどでアンカーを打込んで拡張する方法およびボルトやナットなどで締め付けて拡張する方法がある。

構 成
金属拡張アンカーは、くさび部分となる「拡張部」とねじなどの「接合部」より構成される。接合部には、一般におねじまたは、めねじが形成されるものが多い。またそのほか特定な用途に用いられるアンカーでは、ねじを有していないものもある。

材 料
あと施工アンカーの品質は、アンカーの機能を発揮させるための十分な「機械的性質」を有し、長期間にわたり安定したものでなければならない。


 
内部コーン打込み式

内部コーン打込み式標準施工手順は こちら


 

内部コーン打込み式とは
内部コーン打込み式は、本体内に内蔵しているコーンを専用打込み棒を用いて打込むことにより、本体末端部を拡張させるアンカーである。コーン打込み時の反力は、本体末端部(孔底)で受ける。本体の内側から拡張させる点では芯棒打込み式と同じである。

電子カタログは こちら    カタログ印刷は こちら

 
芯棒打込み式

芯棒打込み式標準施工手順は こちら


 

芯棒打込み式アンカーとは

芯棒打込み式は、芯棒を本体の内側に打込むことにより、本体の拡張部を押し拡げるアンカーである。芯棒を打込んだ時、その反力は取り付け面または施工面で受ける。アンカー本体の末端部(孔底)で反力を受けて施工すると、アンカーの拡張にバラツキが起き、固着力の低下を生じさせることが実験によって確認されている。
したがって、アンカー本体の末端部は孔底に接しないように施工する。

電子カタログは こちら

 
フラワーアンカー

フラワーアンカー施工実験画像は こちら


 

フラワーアンカーとは
Quality Controlアンカーは、アンカーの締め付け完了及びボルト挿入の完了を目視確認できるアンカーです。
従来の、天井マシンやシャンクを使用し穿孔した後、ロングアダプターを装着したインパクトドライバーで施工が可能となり、作業床から打込み状態と、ボルトの挿入状況が管理できる、まさに今までには存在しなかった画期的なアンカーなのです。

本社移転いたしました

中央総業株式会社
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野3-20-1

TEL.0120-07-1222
FAX.0120-07-5585

───────────────
・アンカー各種打設工事
・アンカー引張試験
・スクリューギア打設工事
・スタッド工事
・耐震補強工事
・エポキシ樹脂
注入工事

・グラウト樹脂注入工事
・炭素繊維補強工事
・Profiシステム工法
・ダイヤモンドコア工事
・ダイヤモンドソーイング工事
・ハツリ工事

・ウォータージェット工法
・鉄筋探査
・レントゲン探査

・アンカー部材販売
・ワイヤーメッシュ筋販売
・ダイヤモンドコアビット販売
・ハンドカッター販売
・カップサンダー販売
・道路用ブレード販売
───────────────
■国土交通大臣許可No.(特‐27)
  第14969号
■国土交通大臣許可No.
(般-27)

  第14969号


 
324067
<<中央総業株式会社>> 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-20-1 TEL:0120-07-1222 FAX:0120-07-5585