アンカー基礎知識

qrcode.png
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

アンカー基礎知識

 

あと施工アンカーとは

あと施工アンカーとは
 

「あと施工アンカー」とは、コンクリートが固まった「あと」で施工される「アンカー」と定義されています。
母材に孔をあけ、アンカーボルトを挿入し、穴とアンカーボルトのすき間を埋めて固着し、設備機器・構造物などの取付・接合に使用されます。
「あと施工アンカー」を有効に使用するには、使用に適した「あと施工アンカー」の種類選択と、その「あと施工アンカー」に合った適正な施工を行うことが肝要です。適正な選択と選択により、必要な強度が得られますが、選択を誤ったり、不良施工を行った場合は、大きな事故を招く恐れがあります。
 

アンカーの用途

アンカーの用途
       
   
あと施工アンカーの多くは、建設現場や耐震補強工事などで使用されることがほとんどですが、上記のように意外と身近な所でも使われています。
 

あと施工アンカーの破壊モード

あと施工アンカーの破壊モード
 
あと施工アンカーの破壊モードとは、母材に打込まれた「あと施工アンカー」に力が働き、その力が最大限達すると母材またはアンカーが破壊されます。

このような破壊モードには3通り考えられます。

Ta=min[ta1,ta2,ta3]

ta1  アンカー筋の破断(降伏)
母材強度およびアンカーの定着強度が大きく、アンカーボルトの断面積または材料強度が小さいときに生じます。

ta2 コーン状破壊(母材の破壊)
アンカーは引抜き力が作用すると、母材が円錐に破壊されることが多い。この現象をコンクリートのコーン状破壊と呼びます。

ta3 アンカーの引抜き
埋設されたアンカー筋が、定着強度不足の場合に生じます。

 

あと施工アンカーのフロー

あと施工アンカーのフロー
 
 
着工に先立って、設計打ち合わせ及び現地の事前調査を行い施工計画を立案する。現地における事前調査は、施工を効率よく、確実に行うために欠かすことができない重要事項である。
施工計画に基づき見積、契約が行われ、その後アンカー工事が行われる。この段階では、工事プロセスにおける安全性の確保、施工されるアンカーの品質・信頼度の確保、そして工期内に完了する事が求められる。
あと施工アンカー工事施工フロー
 
あと施工アンカー専門工事業者は、総合建設業から提示された品質、設定された工期に基づきあと施工アンカーの施工を請負い、その工事代金を受け取る。
その工事価格の基礎となる資料として用いられる見積総原価を構築する作業を積算または見積という。
あと施工アンカ工事の積算
   
                                                                    Google Sitemaps用XML自動生成

本社移転いたしました

中央総業株式会社
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野3-20-1

TEL.0120-07-1222
FAX.0120-07-5585

───────────────
・アンカー各種打設工事
・アンカー引張試験
・スクリューギア打設工事
・スタッド工事
・耐震補強工事
・エポキシ樹脂
注入工事

・グラウト樹脂注入工事
・炭素繊維補強工事
・Profiシステム工法
・ダイヤモンドコア工事
・ダイヤモンドソーイング工事
・ハツリ工事

・ウォータージェット工法
・鉄筋探査
・レントゲン探査

・アンカー部材販売
・ワイヤーメッシュ筋販売
・ダイヤモンドコアビット販売
・ハンドカッター販売
・カップサンダー販売
・道路用ブレード販売
───────────────
■国土交通大臣許可No.(特‐27)
  第14969号
■国土交通大臣許可No.
(般-27)

  第14969号


 
324067
<<中央総業株式会社>> 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-20-1 TEL:0120-07-1222 FAX:0120-07-5585